知らず知らずのうちに道路交通法違反

広告


いつも安全運転ご苦労様です。

道路を走っていると時折、迷惑な車を見かけることがあります.

本人は知らず知らずか、軽い気持ちで行った行為でも道路交通法違反になっていることもあり、知らなかったでは済まないこともあります。

サンダルやハイヒールで運転する

安全運転義務違反

各都道府県によって多少の見解の相違がありますがサンダルや下駄での運転は禁止されております。

特に今流行のクロッコスやヒールの高い靴や厚底靴は見解が難しく、もし運悪く、取り締まり対象になった場合以下のような罰則があります。

反則金   普通車  6000円

中大型   7000円

点数      なし

オーディオを大音量で流す

安全運転義務違反

これもよく街中で見かけます。

ワゴン車等で重低音が効いたウハーからポップ系の音楽を流している迷惑な奴もいます。 (あなたのオーディオシステムはすばらしい!!)

この行為は安全運転の義務違反に値します。

要するに外部からの音が聞こえない状態での運転は違反行為となります。

しかし、選挙カーや右翼団体の街宣車などは取り締まりにはならないのが現状です。 (迷惑条例にはかかるじゃねー)

反則金   普通車  6000円

中大型  7000円

点数      2点

クラクションの乱用する

警音器吹鳴制限違反

警笛鳴らせの道路標識はあまり見かけなくなりました。

でも田舎の山間部に行くとまだ残っていますよ~

車両の運転者は法令の規定により危険を防止するため以外にはむやみに警笛を鳴らしてはいけません  (自慢のバトルホーン鳴らしたい)

反則金  3000円 (全車両共通)

点数     なし

追いつかれた車両の義務

追いつかれた車両の義務違反

今、煽り運転と言うのが問題視されていますが逆に追いつかれた車両は後続の車に道を譲る義務があります。(そうなの~)

最低速度が決まっていなければゆっくり走っても問題ないのだが、後続車がついた場合は進路を譲りましょう。

反則金   普通車  6000円

中大型  7000円

点数      1点

前の車に車間を詰めて走ると

車間距離不保持違反

これは俗に言う煽り運転になります。

前の車と車間を詰めて走っているとこれに値します。

実際には、前の車とどのくらいの車間で走っている場合に適合するのかは定かではありませんが、トラブルになった時に罰せられる可能性があります

反則金   普通車  9000円

中大型  12,000円

点数      2点

ゴミ等のポイ捨て

道路の使用等違反

走行中の車の中からタバコやコンビニの袋など捨てる行為は大迷惑なだけでなく立派な犯罪です。(信号待ちの時、捨ててる奴見るな~)

ごみ落とすな、スピード落とせ

一般道では50,000円以下の罰金

高速道路では3ヶ月以下の懲役もしくは50,000円以下の罰金

荷台から荷物などを落としたり飛散させたりする行為

飛散防止措置義務違反 転落等防止措置義務違反

砂や水を撒き散らしながら走っているダンプカーを見かけます。これも取り締まりの対象となります。(後ろの車迷惑してまっせー)

またトラックの荷台から積み荷を落としたり飛ばしたりするのも同じです高速道路で落とした場合重大事故つながります(これ、やばいかも)

一般道 5万円以下の罰金

高速道 3ヶ月以下の懲役又5万円以下の罰金

 

ウィンカーを出さず行動に移る

合図不復履行違反

いまやウィンカーやハザードランプは他車に対する色んなコミニュケーションの手段とされています。(チカ、チカ、有難う!!)

しかし、肝心な進路変更や右折左折時にウインカーを出さない迷惑な奴もおります。

高齢者の方は出すのを忘れて曲がっていくのをよく見かけます。

中には無理と出さない大馬鹿野郎もいます。(ざっけんなー)

これらは合図不履行為違反となります。

反則金 普通車 6000円

中大型 7000円

点数   1点

最後に

これまで述べた違反行為のほかに、まだたくさんの知られていない道路交通法違反があります。

トラブルになった時以外はよほど、罰せられないがないのが現状です。

しかし、運転をする者の義務として守っていかなければいけません。

広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする