はじめに

広告


私はトラックドライバーを20年以上経験し、現在は運行を管理する立場に至っています。

今の時代は私が現役でトラックに乗っている頃と比べ、何かと規則が増え、トラックドライバーも運行を管理する者も安全を第一に考えていかなければいけない時代になっています。

今現在、運送業界で一番深刻なドライバー不足という問題を抱えつつ、国一丸となり働き化改革を進めていく傾向にあります。

しかし、零細企業が多い運送事業者は荷主に対して弱い立場であり、それが大きな壁となっており、中々ドライバーの労働環境が改善されない状況にあります。

私の記事を読んで少しでもトラックドライバーや、運送業界のことを理解して頂き、また、この業界の方のお役にたてれば幸いです。

プロフィール

生まれ   1956年

ドライバー経歴 トラックドライバー暦18年 トレーラー暦5年

運行管理 1992年運行管理者資格所得 運行管理者暦16年

記事内容

Gマーク申請

Gマーク申請において事前準備から認定までの工程を経験をもとに詳しく説明してあります。

運送業界

今おかれている運送業界、トラックドライバーの現状を書きました。

トラッカーマガジン

日夜、働くトラックドライバーへの情報や願望、役立つ情報を書きました。

運行管理

私と同じ運行管理者やこれから運行管理の仕事に従事する人のために書きました。

つぶやき

私が常日頃感じていること、常々改善されたら良いと思うことを書きました。

免責について

当サイト情報の正確性について

当サイトのコンテンツや情報について、可能な限り正確な情報を搭載するよう努めています。しかし、誤情報や情報が古い等必ずしも正確性を保証するものではありません。また合法性や安全性なども保障いたしかねます。

損害等の責任について

当サイトに搭載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。
また、当サイトからリンクやバーナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任も負いません。

当サイトの保守、その他の自然災害、ウィルスや第三者の妨害行為による不可抗力によって当サイトによるサービスが停止した事に起因して利用者に生じた損害についても何ら責任を負うものではありません。

当サイトを利用する場合は、自己責任で行う必要があります。

広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする