親がトラック運転手の子供は入学式に出てはいけないのか?

広告


いつも安全運転ご苦労様です。

安部総理大臣から新型コロナウィルスに対して緊急事態宣言が発令され、7都道府県の人を対象に外出の自粛の徹底を呼びかけました。

その翌日、チョト気になるニュースが聞こえてきました。

愛媛県新居浜市の私立小学校が新型コロナウィルスの感染を防ぐ目的で、東京や大阪を行き来する長距離トラックの運転手の2世帯に、子供を登校させないよう求めていたことがわかった。新一年生を含む子供3人は体調に問題は無かったが8日の入学式と始業式を欠席した。教育長は「市教育委員会で感染防止の統一した考えが共有できていなかった。子供たちや、ご家族、関係者にご迷惑をかけた」と謝罪した。

読売新聞より抜粋

この話にはこうなる前にこんないきさつがあったそうです。

新居浜市の市委員が新学期が始まる前に市内の全児童の家庭に、感染拡大地域を訪れたかを問うアンケートを実施したそうです。

その中で「運送会社の仕事で感染拡大地域へ行ったが、該当するのか」の問い合わせに対して学校長からその運転手の子供たちの自宅待機を求められたということです。

その後、勤め先の運送会社から「運送業界の社員の家族は感染リスクが高いとする職場差別になるのではないか」と指摘があり、明るみになりました。

私も丁度、今年、入学する男の子の孫がいます。

自分の孫が学校側から「おたくのお子さんは新型コロナウィルスに感染している可能性があるもしれないので入学式は自粛して下さい」と、もし、言われたら・・・・

とても悲しい、そして・・・怒りですね

この記事に対して世間様は「子供が可哀そう」「教育者でありながらこう言う理不尽が許せない」「俺たちが物流を支えているんだ、馬鹿にするな」などの声が多くあります。

たしかにトラックドライバーは規制がかかった7都道府県はもとより、色々なところへ行ったりして新型コロナウィルスに感染するリスクは高いと思われても仕方がありません。

しかし、実際はトラックドライバーは殆ど1人で作業することが多く、三密状態になる可能性も少ないのが現状です。

そして、小学校の校長先生も学童を守る義務があり、感染のリスクを少しでも減らそうとした結果かもしれません。

今は新型コロナウィルスの感染の拡大予防で誰もが麻痺をしており、今回のような差別的なことが起こってしまいました。

恨む先は新型コロナウィルスなのです。

[rekuten-emosyon]

広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする